2013/12/31

Intel Galileo ポート操作が異様に遅い

液晶ディスプレイへの書き込みが気が遠くなるほど遅く、使い物にならないので調べてみました。
最初にポート操作(digitalWrite)の処理速度を確認するために、下記のスケッチでポート操作に必要な時間を計測してみました。

Arduino UNO(IDE:1.0.5)では、10,000回ループで82msでしたが、Galileo(IDE:1.5.3)では、1,000回で4,778msでした(Galileoでは、10,000回でなく、1,000回ループ)。
UNOが約4usで処理されているところを約2ms以上を要しています、約500倍遅いということになります。

次にポート設定(pinMode)の処理速度が気になったので、ポート設定をループ内部に移動して計測しました。

結果、Arduino UNOでは、10,000回ループで128msでしたが、Galileoでは、1,000回で23,840msでした(Galileoでは、10,000回でなく、1,000回ループ)。
Galileoでは、ポート設定に約10msを要しています。
普通に考えるとポート設定は、初期化の時に1回だけ実行するものと思いますが、実はこのポート設定処理が液晶ライブラリのポート出力を行うときに毎回呼び出されていました。
これが、液晶表示を異様に遅くしている原因のようです。

このポート設定をLiquidCrystal::init()に移動して、初期化時に1回だけ設定するように変更すると多少速くなります。
それでも、実用に耐える速度ではありません(-_-;)


この記事へのトラックバック URL :

Leave a comment